オフィスカジュアルのカーディガンってどういうものがよい?

オフィスカジュアルのカーディガンってどういうものがよい?

ベーシックな色を使う

オフィスカジュアルでは、カーディガンをジャケットのような感覚で使うのがおすすめです。

ジャケットを着ると堅苦しくなってしまい、身動きがとりずらくなってしまいます。

黒色やベージュ、紺色などを使って、ジャケットの代わりとして使うことにより、オフィスに適した服装になります。

仕事はじっとしているだけのものではないときがあります。

軽作業や、時には部署まで走ったりすぐにうごけることが肝心です。

そのため、カーディガンを着用してジャケットの代わりにします。

差し色として華やかに

オフィスではシャツやスカートはベーシックな色を使うことが多いです。

白や黒、ベージュなどベーシックな色になることから、カーディガンの色は差し色として明るい色を持ってきてもよいです。

あまり原色のような色は避けたほうが良いですが、薄いピンクや水色など、華美になららない上品な色を選べばオフィスで着ることもできます。

派手なものは避けたほうがオフィスに適していますが、おしゃれを楽しむならカーディガンの色に差をつけるのもよいです。

長さや生地を調節

オフィスでのカーディガンは、防寒の役割を果たしてくれます。

また窓際で日焼けが気になる人は、UV機能が付いたものもよいです。

丈の長いものを選んで寒さを予防すると同時に、ジャケットではできなかった体型を隠すことができます。

シャツやタイトスカートは体に密着するものが多いですので、体型が気になる人はカーディガンで気にならなくなります。

■参照サイト
小物を上手く取り入れてレディースファッションレベルをアップ!
ファッションで悩んでいる女性は多い!|NOIZE-IAC
服選びの疑問をココで解決!明日からもう迷わない!